Top >  アンチエイジングとは >  若い時のアンチエイジングとは

若い時のアンチエイジングとは

若いうちに、日焼けなどをすると、シワが目立ったりシミの予備軍になったりすると言われていますよね。
日焼けした後のケアを怠っていると、同年代の人と比べて20代前半なのに肌がボロボロという人がいます。
肌年齢が実年齢より相当高いと予想されます。
こういう場合は若くても、アンチエイジング用の化粧品を使って肌体力をつけるためにケアをするというのもいいとは思います。
若いうちは新陳代謝もいいので、アンチエイジング用の化粧品などを使わなくても美白化粧品など自分の年齢にあった化粧品で肌をケアするというのもいいと思います。
また日焼けなどで肌を傷めていると乾燥なども進んでいるため、美白だけでなく保湿も充分に行う必要があります。
若いうちはアンチエイジングを使用して保湿、美白化粧品でケアするより、ビタミンCを積極的に摂取することもお勧めな方法です。

 <  前の記事 アンチエイジングの若返りの意味とは  |  トップページ  |  次の記事 毎日のケアはとても大事  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6565

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジング ~きれいに年を取る秘訣とは~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。