Top >  アンチエイジングとは >  アンチエイジングと加齢臭とは

アンチエイジングと加齢臭とは

加齢臭とよく聞く言葉ですよね。
この加齢臭という言葉は、2000年の12月に資生堂が名づけたものなのです。
加齢臭とは、おやじ臭いと一般的に言われているもののことです。
アンチエイジングにも加齢臭は関係してきます。
では、この加齢臭とよばれるものとは何なのでしょうか?
そのことについて迫ってみましょう。
加齢臭とは、「ノネナール」という物質に変化するもので、皮膚の菌によってパルミトオレイン酸という脂肪酸が分解されたものなのです。
ノネナールは年を取るとともに増え続け、40才代を過ぎるころから独特に臭いを体から発生させるとされています。
こうした中高年特有の体臭のことを加齢臭というのです。
加齢臭は、身につけた衣服などに付着してしまうので、毎日衣服を着替えないと強い独特の臭いを放つようになってきます。
これが、臭いの正体加齢臭なのです。

 <  前の記事 これからはアンチエイジングは男性の時代!?  |  トップページ  |  次の記事 加齢臭は男性だけではない!?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6607

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジング ~きれいに年を取る秘訣とは~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。