Top >  アンチエイジングケア >  アンチエイジングと肥満の関係とは

アンチエイジングと肥満の関係とは

ダイエットは、誰でも一度は考えたり行ったりしたことがあるのではないかと思います。
生活習慣病と肥満とは、非常に深い関係にあり問題にもなっているものなのです。
その肥満がアンチエイジングにも関係があるといわれています。
肥満度が30%を超えると、死亡率が飛躍的に上昇するということがアメリカで出た調査結果でわかってきました。
体に過剰な脂肪が蓄積された状態である肥満は、いろんな病気の症状が出てきてしまいます。
この肥満に非常に関係のある病気としては、心疾患・高血圧・肝障害・高脂血症・糖尿病などがあります。
これらは、生活習慣病などとして併発しているもので最悪の場合は死に至るといわれています。
肥満の原因は、食べすぎや偏った食事・運動不足・ストレスといったものがあげられるのです。
アンチエイジングはこれらの原因を取り除かなくてはいけません。

 <  前の記事 加齢臭は男性だけではない!?  |  トップページ  |  次の記事 アンチエイジングで肥満を解消するには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6609

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジング ~きれいに年を取る秘訣とは~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。